ジェネリック医薬品とは? | 性の悩みは女性の方こそ真剣に治す必要があるんです!

ジェネリック医薬品とは?

容器が倒れている

マレグラという薬は女性用バイアグラのジェネリック医薬品です。
それ故に、副作用も起こしにくく、より安い値段で患者さんに提供することが出来るのです。
皆様はジェネリック医薬品をご存知でしょうか。
ここ数年で各製薬会社がジェネリック医薬品という言葉を使って、テレビなどのメディアを使ってコマーシャルをしているのを聞いたことありませんか?
このジェネリック医薬品とは元々海外などで開発されていたお薬を日本の製薬会社が日本人向けに改良し、販売しているお薬のことをいうのです。
何故日本国内で100%日本製のお薬を作らないのか?そっちの方が安心と信頼を確保できるのではないかと思いませんか。
実は何もない状態からお薬を完成させるためには莫大な時間と費用が必要になってくるのです。
まず、このお薬を作るための開発施設が必要になってきます。そうなると、専用の機械や道具がないといけません。これらの器具は量産されるものではないので個々の値段も高くついてしまいます。
次に必要なものがこれらの道具を使うことが出来る資格と知識をもった人材が必要になってきます。
一般企業やアルバイトの募集とはわけが違うので、その優秀な人材を探すのも一苦労です。雇うことのなると、人材費もついてきます。
薬を開発するための原材料も必要です。この原材料の中には日本にはない植物が多いので、海外からこのために輸入しなければいけません。
これだけでもかなりの費用が必要になってきますが、最もやっかいなのがかかる時間です。
薬一つ完成させるのに1年や2年では出来ません。最低でも10年はみておく必要があるので、これらの費用が10年分用意しなければなりません。
こうなってくると、数億円以上のお金が動くことになります。こんな余裕はどの製薬会社にもないでしょう。
だったら元々開発されているものを少し修正して提供した方がコストもずっと押さえることができ、病院側も安くお薬をメーカーから購入出来て、患者さんに低価格で提供出来るのです。
現に病院で処方されるお薬の多くはジェネリック医薬品です。